トイレの収納棚作りに工具をレンタル

我が家のトイレは比較的狭い空間で、ウォシュレット付きの洋式便器を置くと幅がいっぱいいっぱいといった感じです。
しかも、幅だけでなく奥行スペースも狭いので、とにかく一人入るのが精一杯の狭さですから、トイレットペーパーをおしゃれに収納しておけるケースの置き場もなく、常に在庫があるかをチェックしておかなければならない始末です。
そんなトイレですが、壁の上の方は空いているので、ここに収納棚をこしらえることでトイレットペーパーを置いておくことができるなあと思いました。
よく飲食店のトイレなどで金属の棚が作られているような、あんな感じです。
そこで、サイズを測ってからホームセンターに行くと、いろいろな木材が売られていて、工具のレンタルもできるということでした。
DIYの経験はほとんどありませんでしたが、棚の取り付け方法をあらかじめネットで調べておいたので、インパクトドライバーを借りれば何とかなりそうでした。
木材を買ったので、さらに電動丸ノコも一緒に借りて帰りましたが、この電動丸ノコを借りたのは大正解でした。

木材を同じ長さに切り揃えるには、手動ののこぎりでは疲れるばかりで作業が進まなかったでしょう。
そもそものこぎり自体が家になかったので、買うよりは借りた方がコスパもよかったと思います。
使った後の収納にも困りますし。
レンタルするのが一番です。
壁に棚を取り付ける作業は、土台となる部分をインパクトドライバーでネジ止めしたのち、板をそれに乗せ、さらにネジ止めをしていくだけという簡単な作業です。
このような棚を壁の横部分に一か所、便器の手洗いの上の奥の壁に一か所の合計二か所作ったのですが、びっくりするほどあっけなく出来上がりました。
電動丸ノコで板を切る作業はあっという間に終わりますし、ネジ止めもまさに一瞬といった感じです。
1泊2日で工具のレンタルを行いましたが、翌日にはもう返しに行けましたから、レンタル料は最低限で済みました。
今ではトイレの中にトイレットペーパーを収納でき、使い勝手がよくなって家族みんなから好評です。